米FRB、雇用統計好調でも利上げ急ぐべきでない=セントルイス連銀総裁

[セントルイス 12日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は12日、6月の米雇用統計が好調だったものの連邦準備理事会(FRB)は利上げを急ぐべきではないと述べ、予見可能な将来において適切とされる米利上げは1回のみとの考えをあらためて示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。