前場の日経平均は415円高、円安進行で買い戻し加速

[東京 12日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比415円54銭高の1万6124円36銭と大幅に続伸した。取引時間中としては、英国の欧州連合(EU)離脱が決まった6月24日以来、約半月ぶりに1万6000円台を回復した。前日の米国株高や円安を背景に朝方から幅広く買いが先行。政府による大型経済対策への期待も持続し、戻りを試す展開となった。ドル/円が103円台まで円安に進むと買い戻しが加速し、上げ幅は一時500円を超えたが、前引けにかけては戻り待ちの売りで上げ幅を縮小させた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。