コラム:英高級住宅市場に迫るゴーストタウン問題

[ロンドン 7日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ロンドンの高級住宅市場が試練にさらされつつある兆しがいくつも見え始めた。英国が欧州連合(EU)離脱を選択する前でさえ、高級物件投資家にとってロンドンの妙味は薄れていた。「ナインエルムズ地区」と呼ばれる中心部の高級住宅建設プロジェクトの権益を保有するデベロッパーは、プロジェクトの時価評価を引き下げた。現在の中心部の最高級物件価格は、2014年のピークを8%下回っている。ポンドの急落は一部の買い手を引き寄せるだろうが、ロンドンの相対的な魅力は下がってきている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。