英不動産ファンドで解約停止相次ぐ、EU離脱決定で市況悪化懸念

[ロンドン 5日 ロイター] - 英国の商業用不動産ファンドが、過去24時間に相次いで解約を停止した。市場では同セクターや関連銘柄への売りが膨らむなど、不動産価格下落への警戒感が強まっており、欧州連合(EU)離脱決定を受けた市況悪化の兆しが出ている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。