日米政府、地位協定の「軍属」範囲を縮小 沖縄の事件受け

[東京 5日 ロイター] - 日米両政府は5日、在日米軍で働く民間の米国人のうち、日米地位協定の特権を受けられる「軍属」の対象範囲を狭めることで合意した。沖縄県で女性を殺害し、範囲を見直す発端となったシンザト・ケネフ・フランクリン被告のような民間人は軍属から外れる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。