日経平均は6日続伸、7カ月超ぶりの連騰記録 出来高は今年最低

[東京 4日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は6日続伸。2015年11月4日─12日(7日続伸)以来7カ月超ぶりの連騰記録となった。朝方は、前週末までの急ピッチな戻りの反動から利益確定売りが先行。下げ幅は一時100円を超えたが、下値の堅さが確認されると一転して買い戻しが優勢となりプラス圏に浮上した。もっとも後場の日経平均は値幅65円と動意に乏しく、模様眺めが継続。東証1部の出来高は今年最低となった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。