コラム:日本国債「暴落」は杞憂か=植野大作氏

[東京 4日] - 日本の国債市場からプラスの金利がどんどん消滅している。1日の東京市場で長期金利の指標となる新発10年国債利回りはマイナス0.26%と過去最低を更新した。当社推定の理論値をみると、最近は満期17年界隈までマイナス圏に水没している。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。