正午のドルは119円半ば、中国GDP予想上回り減速懸念和らぐ

[東京 19日 ロイター] - 正午のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の119.47/49円だった。中国で発表された7─9月期国内総生産(GDP)が市場予想を上回ったことを好感し、一時119.60円まで上昇した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。