三菱自やマツダなど5社がリコール、タカタ製エアバッグ問題で

[東京 30日 ロイター] - タカタ製エアバッグ部品の欠陥問題で、三菱自動車など計5社が30日、約144万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。対象は、火薬の劣化を防ぐ乾燥剤が入っていないインフレ―ター(ガス発生装置)と呼ぶエアバッグ部品が使われた車両。高温多湿など一定の環境下に長期間さらされると部品が異常破裂する恐れがあり、米当局や同省が各社にリコールするよう要請していた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。