景気大きく下振れなら機動的対応で内需喚起を=諮問会議提案

[東京 16日 ロイター] - 政府は16日開催の経済財政諮問会議で、アベノミクス第2ステージに向けた政策方針について議論した。民間議員からは、スローガンの「1億総活躍社会」実現には、好循環の拡大・成長の加速を実現すべきとして、景気が大きく下ぶれする恐れが生じた際には、再びデフレに戻さないよう機動的に対応し、消費や設備投資を喚起すべきとの提案がなされた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。