焦点:漂流続く放射性廃棄物問題 核燃料サイクルのコスト増大

[東京 15日 ロイター] - 九州電力川内原発2号が再稼働するなど「原発回帰」が徐々に進む一方で、打開策の見えない放射性廃棄物の処分に新たな懸念が高まっている。国内で候補地絞り込みにめどが立たない中で、政府内からは海外での処分を検討する選択肢も聞かれる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。