前場の日経平均は3日ぶり反発、1万8000円回復後伸び悩む

[東京 15日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比138円21銭高の1万8029円21銭となり、3日ぶりの反発となった。前日の米国株安やドル安/円高の進行を受け、序盤は売りが先行。下げ幅は一時130円超となったが、その後は切り返し1万8000円を回復した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。