米労働市場の引き締まり継続、製造業ドル高で痛手=地区連銀報告

[ワシントン 14日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は14日公表した地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)で、労働市場の引き締まりは継続しているものの、賃金の伸びにはほとんど寄与しておらず、製造業部門はこのところのドル高の痛手を受けているとの認識を示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。