米JPモルガン7━9月期は22%増益 税額控除やコスト削減など貢献

[13日 ロイター] - 米金融大手JPモルガン・チェースの第3・四半期(7━9月)決算は、22.3%の増益となった。税額控除で22億ドルのプラス効果があったほか、コスト削減や信用損失への引当金減少が貢献した。ただ、主要4事業のうち商業銀行、法人金融・投資銀行、資産運用の3事業で減益を記録。消費者・地域銀行だけが4%の増益を確保した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。