9月消費者態度指数は前月比1.1ポイント悪化、物価上昇見通し増加

[東京 13日 ロイター] - 内閣府が13日に発表した9月消費動向調査によると、消費者態度指数(一般世帯)は、前月から1.1ポイント低下し40.6となった。2カ月ぶりに低下した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。