アングル:NZで移民過去最高、失業率上昇懸念で追加利下げ圧力に

[ウェリントン 9日 ロイター] - ニュージーランドでは移民の流入が過去最高水準に達しており、景気が減速する中で失業率の上昇圧力になると予想される。このため準備銀行(中央銀行)が追加利下げに踏み切り、低金利をより長期間維持するとの観測が高まりつつある。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。