2%早期達成姿勢は変わらず、新興国減速の影響注視=日銀総裁

[東京 7日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は7日、金融政策決定会合後の会見で「物価の基調は着実に高まっている」として追加緩和を見送った背景を説明した。一方、2%の物価目標の早期達成に必要なら、ちゅうちょなく追加緩和に踏み切る姿勢を強調。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。