コラム:新興国バブル崩壊後の世界経済=河野龍太郎氏

[東京 6日] - 国際金融市場の不安定な状況が解消されない。これまでも基軸通貨国である米国が金融政策の方向性を大きく転換する際には、少なからぬ混乱が新興国経済を中心に生じ、それに伴って国際金融市場でも一時的な動揺が観測されてきた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。