VW排ガス不正、公表遅延は米当局との合意模索したため=弁護士

[ベルリン/ハンブルク 7日 ロイター] - 独フォルクスワーゲン(VW)は、米国で発覚した排ガス不正について、問題に絡むコストを抑制しようと米当局との合意を目指したため不正問題の公表が遅れたとの立場を示した。VWの担当弁護士が明らかにした。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。