日経平均は4日続伸、半月ぶりに1万8000円回復 TPPも追い風

[東京 5日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は4日続伸。終値で9月18日以来、約半月ぶりに節目の1万8000円を回復した。9月米雇用統計が予想を大きく下回ったことを受け、米利上げ先送りとの見方から前週末の米国株が上昇。これを受け日本株も買い優勢となり、日経平均の上げ幅は一時350円超となった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。