金融庁の高齢社会に関する報告書、正式受理せず=麻生金融相

麻生太郎金融担当相は11日の閣議後会見で、夫婦が95歳まで生きるには2000万円を蓄える必要があると試算した金融庁の報告書について、「世間に著しい不安と誤解を与えており、これまでの政府の政策スタンスとも異なっているので、正式な報告書として受け取らない」と言明した。金融庁の作業部会が取りまとめた報告書を、金融相が受理しないのは異例。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。