人口減・高齢化、金融機関に変革迫る可能性 統合促す面も=黒田日銀総裁

黒田東彦日銀総裁は17日、日銀・財務省共催の20カ国・地域(G20)シンポジウムで講演し、人口減少や高齢化を背景とした低金利環境は金融システムや金融機関のビジネスに変革を迫る可能性があるとし、中長期的に金融機関の合併や統合などで供給面での調整を促す可能性があると語った。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。