ポンドドル戻りを形成中

今日は臨時の政府・日銀会合がありましたが、結局何も出ず。
市場参加者の中には、実弾介入をするとドル買い・円売りなので、ポンドドルでもドルが上昇することになり、そのため実弾介入ができないのではないか、という見解もあります。
さらにアメリカの利上げは遠くなりましたが、一部ではQE4をするのではないか、とも言われており、私的にはそれはないと思いますが、ドル円にとっては売り方向の内容が続きますね。

ポンドは戻りを形成しています。
国民投票をなかったことに、とか、スコットランドはEUに残留、とか、いろいろな話しが出てきていますが、一度行った国民投票がひっくり返るとも思えず。
チャート的にもポンドは弱い状況なので、ポンドは戻り売りで考えています。
ポンドドルは1.36ミドルに窓があるので、今はそれを埋めに行こうとしています。
さらに1.38はレジスタンスですし、38.2%戻しの水準とも重なっているので、上がったとしてもそこまでではないかと考えています。
ボラティリティがまだ高いので通常のポジション量では売れないですが、戻りがやっと出てきたので、今は少額売っていますが、ポジションを増やす予定です。



クリックしてね♪⇒ブログランキング

クリックしてね♪⇒為替ブログ村


みんなのFX

新規口座開設、10万円以上の入金、1ロット以上の取引でDVDプレゼント

みんなのFX



FXTS

新規口座開設後、取引をすれば、DVDをプレゼント

FXトレーディングシステムズ




アイネットFX

新規口座開設後、2万円以上の入金で、DVDプレゼント

アイネットFX

参照元:FXだけで生活しちゃおー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。