国内初のスキーNFT「ニセコパウダートークン」の実証実験開始:HashPalette×東急不動産


HashPaletteと東急不動産は2022年11月24日に、スマートリゾートを推進する北海道倶知安町所在のスキー場「ニセコ東急 グラン・ヒラフ」で国内初の取組みとなるアーリーエントリー権が付与されたNFT『ニセコパウダートークン(NISEKO Powder Token)』の販売を2022年12月1日から開始することを発表しました。このNFTはパレットチェーン上で発行され「PLT Place」で販売される予定となっています。

こちらから読む:HEXA、”会員権付きNFT”誰でも発行可能に「国内ニュース」

アーリーエントリー権が付与されたスキーNFTを販売

HashPaletteと東急不動産は2022年11月24日に、スマートリゾートを推進する北海道倶知安町所在のスキー場「ニセコ東急 グラン・ヒラフ」で国内初の取組みとなるアーリーエントリー権が付与されたNFT『ニセコパウダートークン(NISEKO Powder Token)』の販売を2022年12月1日から開始することを発表しました。

ニセコパウダートークンは、パレットチェーン上で発行されるアーリーエントリー権付きのNFTとなっており、アーリーエントリー権が付与されることによって、対象のリフト開場時間よりも前に入場して誰よりも早く滑ることができる「ファーストトラック」を堪能することができると説明されています。

このNFTは、HashPaletteが運営するNFTマーケットプレイス「PLT Place」で抽選販売される予定で、万一購入した日程の都合が合わなくなった場合も二次流通市場で売買する事が可能、ニセコパウダートークン保有者に対する様々なサービスや特典利用の可能性も検討していると報告されています。

なお、今回の実証実験は東急不動産ホールディングスが長期ビジョン「GROUP VISION 2030」で全社方針として掲げる、DXによる新しい体験価値創出の取組みの1つだとされており、東急不動産とHashPaletteは今回の実証実験を皮切りに、リアルな体験価値とNFTを結びつけ新しい体験価値を提供するとともに、NFTを活用した日本の観光資源と不動産の価値向上に共同で取り組んでいくとも説明されています。

ニセコパウダートークンの商品概要・購入方法

(画像:HashPalette)(画像:HashPalette)

ニセコパウダートークン(NISEKO Powder Token)の商品概要や購入方法については以下のように報告されています。

商品概要

【NFT名称】
ニセコパウダートークン(NISEKO Powder Token)

【NFT販売価格】
5,000円前後

【対象リフト】
エース第二クワッドリフト(センターフォー)※リフト利用料金は別途必要となります。

【乗車時間】
対象リフト営業開始の15分前~(集合は営業開始の20分前)※悪天候等で営業開始時刻が遅れる場合、営業開始時刻の15分前からリフト乗車となります。

購入方法

【販売方式】
抽選販売 (デポジット有り)※先にお支払いいただき、当選者以外の方は全額返金をいたします

【販売場所】
NFTマーケットプレイス「PLT Place

【販売期間】
2022年12月1日〜2022年12月11日(予定)

【利用期間】
2022年12月24日〜2023年2月28日(予定)

【購入方法】
PLT決済又はクレジットカード決済

更なる詳細は「HashPalette公式Twitter」「ニセコ東急 グラン・ヒラフ公式instagramアカウント」「11月28日から順次予定しているAMA」にてお知らせ。

>>「HashPalette」の公式発表はこちら
>>「東急不動産」の公式発表はこちら

パレットトークン(Palette Token/PLT)を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像


暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。