【OpenSeaが対応チェーンの拡大】「Arbitrum(アービトラム)」に対応したことで起きるユーザーのメリットとは?

世界最大級のNFTマーケットプレイスである「OpenSea」は2022年9月21日、「Arbitrum(アービトラム)」を対応チェーンに追加するということを発表しました。

このチェーン拡大によって「OpenSea」は5つのチェーンに対応しているマーケットプレイスとなりました。

OpenSeaの詳しいご利用方法はこちらの記事をご覧ください:

「好きなチェーン」で「好きなNFTにアクセスできる」web3の未来を創る

【OpenSeaが対応チェーンの拡大】「Arbitrum(アービトラム)」に対応したことで起きるユーザーのメリットとは?
画像引用元:https://twitter.com/arbitrum/status/1572251210765291523?s=20&t=V0ph_NPZoVQHrdPvJsMtDA

世界最大級のNFTマーケットプレイスである「OpenSea」は、対応チェーンに「Arbitrum」を追加するということを発表しました。

「OpenSea」は、ユーザーが「好きなチェーン」で「好きなNFTにアクセスできる」といったweb3の未来をつくるという目標を達成するための最初のステップです、とツイートしています。

OpenSea公式Twitterによる発表はこちら:

Arbitrum公式Twitterによる発表はこちら:

さらに「OpenSea」はツイートにて、「Arbitrum」でNFTを発行したクリエイターはOpenSeaのプラットフォームでNFTを販売するために、販売手数料を直接設定する必要があることを発表しています。

「Arbitrum」の対応によって起こる影響は?

対応チェーンに「Arbitrum」を追加がされると、「Arbitrum」ベースのNFTを、OpenSea上で直接取引することができるようになるということです。

具体的には、

「Smolverse(スモルバース)」
「GMX Blueberry Club(GMXブルーベリークラブ)」
「Diamond Pepes(ダイヤモンドペペス)」
といった高い人気を誇る「Arbitrum」のコレクションを掲載することが可能になります。

5種類のチェーンに対応

5種類のチェーンに対応

今回発表があった対応チェーンの拡大によって、「OpenSea」がサポートするチェーンは、
①Ethereum(イーサリアム)
②Polygo(ポリゴン)
③Solana(ソラナ)
④Klaytn(クレイトン)
⑤Arbitrum(アービトラム)
の合計5種類となりました。

多言語サポートの開始

「OpenSea」はこの発表の翌日(2022年9月22日)に、よりグローバルなエコシステムを目指すべく多言語サポートを開始することも発表しました。

チェーンの拡大によって「好きなチェーン」で「好きなNFTにアクセスできる」というビジョンの実現に向け、言語を超えて誰でも参加可能なエコシステムを目指しています。

具体的には、日本語をはじめ、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語などに多言語サポートを拡大する予定です。

多言語サポートに関するOpenSeaの公式Twitterによる発表はこちら:

このようにエコシステム内で、ユーザーに対して多くの選択肢を与えるべくあらゆる新機能の導入を進めています。

これによってより多くの人が、それぞれに合った使い方で「OpenSea」を活用できるようになるでしょう。

OpenSeaマーケットプレイス:
https://opensea.io/ja

Arbitrum公式サイト:

▼OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する方法を徹底解説!!

▼OpenSea公式が発表、「盗品に関するポリシーの改正」について


元記事:https://nftplazas.com/opensea-arbitrum-update/

参照元:NFT Media

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。