アスター(ASTR)のステイク、世界的アーティスト天野喜孝の「CANDY GIRL」NFT化支援へ

ステイクとツインプラネットが事業提携

日本発のパブリックブロックチェーン「アスターネットワーク(Astar Network)」の開発を主導するステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)と国内でIP(知的財産)エージェンシーを行うツインプラネットが、コンテンツ事業において提携したことを9月29日発表した。

この提携により、web3市場におけるクリエイター・エコノミーを確立させ、日本コンテンツをグローバルに展開するとしている。

またこの事業提携の第1弾として、世界的アーティストの天野喜孝氏が発信するファインアート『CANDY GIRL』のweb3エンターテイメントを構築していくとのことだ。

なお天野氏は「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターデザインなどを手掛けたことで知られるアーティスト。舞台美術や衣裳デザインなども手がけている。

今回のプロジェクト対象となっている『CANDY GIRL』は天野氏が近年取り組んでいる108体の天使をテーマに描いたファインアート作品だ。現代的かつカラフル&ポップなデザインは「東京ガールズコレクション2017」でもキービジュアルとして起用され、「ファッション×アート」をテーマとしてキュートなキャラクターが描かれた着物を女優・モデルらが着用し話題を呼んだという。

発表によると『CANDY GIRL』をただNFTアート化するだけでなく、アート・ミュージック・ストーリー・ファッション・フード・デジタルを複合的に掛け合わせた、グローバル・エンターテイメントを展開するとのこと。

「web3の分散型ネットワークを用いて、コンテンツ・ホルダーとともに、グローバル・エンターテイメントを盛り上げ、世界へ日本コンテンツを発信していく」と説明されている。

「アスターネットワーク」は今年6月に国内企業を集めたコンソーシアム組織「アスタージャパンラボ(Astar Japan Lab)」を設立し、参加企業を募っている。アスターはこのコンソーシアムを11月末より本格的に稼働し、日本エコシステムの拡大をしていくと発表している。

また「アスターネットワーク」のネイティブトークン「ASTR」は、9月26日に国内暗号資産取引所ビットバンク(bitbank)に上場し、日本国内でも取引が可能になった。これによりアスターエコシステムへの国内利用者の拡大の他、企業や開発者などの参入事例が増えることが見込まれている。

なおステイクテクノロジーズのCEOは日本人起業家の渡辺創太氏が務めている。

関連ニュース

アスター(ASTR)とGincoが提携、企業向けカストディソリューション提供で

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ジョイントベンチャー設立へ

GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り

【速報】国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入

参考:ツインプラネット

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。