韓国科学情報通信省「メタバースのための法律制定」を提言


韓国の科学情報通信省(MSIT)は2022年9月14日に公開した資料の中で、メタバースに従来のビデオゲームに関する法律を適用する代わりに、メタバースのための新しい規制を定める計画を明らかにしました。メタバース向けの新しいガイドラインを定めることによって、メタバース産業の成長を促進することができると期待されています。

こちらから読む:LaLiga、Decentralandでコンテンツ展開「メタバース」関連ニュース

古いゲーム関連法の適用は「成長の妨げになる」と指摘

韓国の科学情報通信省(MSIT)は2022年9月14日に公開した資料の中で、メタバースに従来のビデオゲームに関する法律を適用する代わりに、メタバースのための新しい規制を定める計画を明らかにしました。

同国では『韓国政府はゲーム関連の法律をメタバースに適用し、メタバースの概念全体をビデオゲームとして扱うのではないか?』という懸念が広がっていましたが、MSITのICT政策局長は『既存の法律で新しいサービスを規制するような間違いはしない』と述べたと報告されています。

また同氏は『メタバースのような新しい産業に時代遅れの法律を適用すると、その長期的な成長とイノベーションの抑圧に繋がる可能性がある』とも語っていると報じられています。

MSITはメタバース・自律走行・OTTストリーミングプラットフォームなどの新しい産業には”新たな規制の形成”が必要だと判断したとのことで、メタバースに関しては法的・制度的基盤の欠如により、産業の成長が妨げられる懸念を示したと報告されています。

韓国では最近、韓国当局が「メタバースで出会った未成年者に接近して性的コンテンツを収集した」として30代の男性を懲役4年の刑に処したことなども報告されています。

>>「韓国科学情報通信省」の公式発表はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。