YGG Japan、KryproGO、IVCがGameFi特化のウォレット共同開発へ

YGG Japan、KryproGO、IVCが共同でウォレット開発へ

YGG Japan、クリプトゴー(KryptoGO)、IVC(Infinity Ventures Crypto:インフィニティベンチャーズクリプト)の3社がジェイントベンチャーを設立し、GameFi(ゲーム×金融)に特化したウォレットを共同開発することを9月15日に発表した。

YGG Japanは、世界最大のDAO(自律分散型組織)型ゲーミングギルドであるYield Guild Games(YGG)の日本法人で、国内企業のForN(フォーン)が運営を行っている。

クリプトゴーは台湾拠点のRegTech(レグテック:規制×技術)企業。同社のソリューションは、多くの金融機関(例:メガ国際商業銀行)に採用され、13カ国、25の海外支店でサービスを提供している。またノンカストディアル ウォレットをすでにスマホ向けに開発している。

またIVCは、GameFi、DeFi(分散型金融)、Web3.0の先駆的なスタートアップを支援し投資するために設立されたベンチャーキャピタルだ。

フォーンによるとこれまでのウォレットは、DEX(分散型取引所)利用を前提として開発されており、汎用性は高いものの、ブロックチェーンゲームユーザのためのウォレットは無かったとしている。これによりブロックチェーンゲームを始めるまでの障壁は高く、誰でも気軽に楽しめる環境ではなかったとフォーンは説明している。

今回3社は「ユーザの利便性を追求したブロックチェーンゲーム特化のウォレットの開発・提供を進めていく」と述べている。

YGG Japanの共同創業者の藤原哲哉氏は、「現在の日本のブロックチェーンゲームやweb3界隈では一部のリテラシーの高いユーザーのみが触れられている状況です。今後、ブロックチェーンゲームをはじめ、新時代のゲーム文化を広め、この新しい体験をより多くのユーザーに届けることがYGG Japanのミッションであり、今回のKryptoGO、IVCとの ウォレット 開発はその大きな第一歩になると考えています」とコメントしている。

関連ニュース

DEAとYGG Japanが提携、東京ゲームショウで「JobTribes」用のNFT配布へ

OasysとYGG Japanが東京ゲームショウでピッチコンテスト、入賞特典で1億円出資も

【取材】Arriba Studio、「Oasys」と「YGG Japan」にトークン出資

YGG Japan、約3.8億円資金調達

【取材】ブロックチェーンゲームギルド「YGG」が日本法人設立へ。IVC、アカツキ、DJTら出資

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。