楽天「Rakuten NFT」が暗号資産決済導入へ、メタマスクで

「Rakuten NFT」が暗号資産決済導入へ

楽天グループ運営のNFTマーケットプレイス「Rakuten NFT」に暗号資産(仮想通貨)決済を導入することが9月14日発表された。楽天グループ提供の国内サービスにおいて、暗号資産による決済方法の導入は初となるとのこと。

「Rakuten NFT」は今年2月にローンチしたプラットフォームで、ユーザーがNFTの購入やNFTを個人間売買できるとされている。なお現在はクレジットカードと楽天ポイントによる決済方法に対応している。

発表によると暗号資産決済の導入は今秋予定とのこと。暗号資産ウォレット「MetaMask(メタマスク)」の利用でイーサリアム(ETH)による決済が導入されるとのことだ。なおIPホルダーがコンテンツを発行および販売する1次販売においてのみ対象となるという。

今後については、個人間で売買する2次流通以降においてもイーサリアムによる決済導入も検討されているとのことで、その他にイーサリアムによる売上代金受領や、イーサリアム以外の暗号資産決済の導入も検討するとしている。

また2023年以降は、国内外のIPホルダーが保有するNFTのグローバルマーケットへの展開も検討しているとのことだ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

楽天「Rakuten NFT」、現代アーティストらの作品も販売へ

テレ朝、楽天とNFTコンテンツ販売で連携決定

楽天NFTマーケットプレイスが2月ローンチへ、『ULTRAMAN』NFTを販売

楽天がNFT事業参入へ、来春「Rakuten NFT」開始

【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ

デザイン:一本寿和
images:iStocks/peshkov

参照元:NFT – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。