【9/9話題】米SECが暗号資産関連の事業所設置へ、ホワイトハウスがマイニングの電力消費を問題視など(音声ニュース)

ブロックチェーン・仮想通貨(暗号資産)・フィンテックについてのニュース解説を「あたらしい経済」編集部が、平日毎日ポッドキャストでお届けします。Apple PodcastSpotifyVoicyなどで配信中。ぜひとも各サービスでチェンネルをフォロー(購読登録)して、日々の情報収集にお役立てください。

ポッドキャストで紹介したニュース

・米SEC、暗号資産関連の事業所設置へ=報道
・米国でPoW禁止の可能性も。ホワイトハウスがマイニングによる電力消費を問題視するレポート公開
・コインベース、米財務省のTornado Cash制裁訴訟を支援
・Sui開発のミステンラボがFTXらから約430億円調達、a16zや電通ベンチャーズも参加
・電通グループが「web3 club」発足、アスター渡辺創太アドバイザーに
・米国が北朝鮮関連のハッカーから約43.1億円相当の暗号資産押収
・アニモカが転換社債発行で約158億円調達、シンガポール政府系投資会社のテマセクらから
・コミッションサービス「Skeb」のスケブコイン(SKEB)、フォビグローバルに上場へ
・HARTiが札幌PARCOでNFTプレゼント企画実施、北海道の商業施設では初の試み
・バイナンスUS、イーサ(ETH)ステーキングサービス提供開始
・バイナンス、譲渡不可NFTで「Binance Account Boundトークン」ローンチ
・gumi Cryptos、DAG採用「Spacemesh」のノード運営を開始
・女子Tリーグ「九州アスティーダ」、FiNANCiEでトークン発行
・「南葛SC」が「FiNANCiE」でトークン追加発行

→それぞれの記事はこちらから

番組スポンサー

この番組はフィナンシェの提供で送りします。

●株式会社フィナンシェ
「FiNANCiE(フィナンシェ)」は、スポーツチームやエンタメプロジェクト、DAOなどのトークンを購入して支援ができる新しいクラウドファンディング・サービス。サッカーJリーグ、野球、バスケ、などのプロスポーツチームをはじめ、映画やアイドル、インフルエンサーなど100以上のプロジェクトのトークンがフィナンシェで購入できます。さらにトークン購入者はプロジェクトに応じたキャンペーン参加やNFTなどの特典も。ぜひiOSやAndroidで「FiNANCiE」のスマホアプリを入れて、新たな応援体験を味わってください。「あなたの夢が、みんなの財産になる」FiNANCiE

→App Store(対応OS:iOS 13.0以上)
→Google Play(対応OS:Android 6.0以上) 

再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

→「Voicy」で聴く

→Apple Podcastで聴く

→Spotifyで聴く

→Google Podcastで聴く

オープニング曲:小林未季
(images:iStock/Dmytro-Varavin)

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。