OpenSea:イーサリアムの大型アップグレード「The Merge」の対応方針を発表


NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」は2022年9月1日に、イーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレード「The Merge(マージ)」への対応について『アップグレード後はPoS版イーサリアムのみに対応する』ということを発表しました。

こちらから読む:Robinhood、カルダノ(ADA)をサポート「暗号資産」関連ニュース

The Merge後は「PoS版イーサリアムのみ」に対応

OpenSea(オープンシー)は2022年9月1日に、イーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレード「The Merge(マージ)」への対応について『アップグレード後はPoS版イーサリアムのみに対応する』ということを発表しました。

The Merge(マージ)は、イーサリアムで採用されているコンセンサスアルゴリズム(取引承認・合意形成の仕組み)を「プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work/PoW)」から「プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)」へと移行する大型アップグレードであり、アップグレード後には現在のイーサリアムが「PoS版イーサリアム(ETHS)」と「PoW版イーサリアム(ETHW)」に分岐する可能性があると言われています。

このアップグレードによって、現在流通しているERC20トークンやNFTは「PoS版イーサリアム」に移行する予定となっていますが、OpenSeaは今回の発表の中で『OpenSeaはアップグレードされたPoSチェーン上のNFTのみをサポートする』と説明しています。


今回のアップグレードでイーサリアムが分岐した場合の対応については、多くの暗号資産取引所が『PoS版イーサリアムをサポートして、PoW版イーサリアム(ETHW)の取扱いについては慎重に検討する』と説明しており、暗号資産のマイニングプールを提供している「AntPool」は『イーサリアムの大型アップグレード完了後にはPoSチェーン上でユーザーのETH資産を維持することができなくなる』との説明を行っています。

>>「OpenSea」の公式サイトはこちら


イーサリアム(ETH)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。