ヘキサ:住民票NFT「HEXA LAND Residents NFT」を無償配布【本日まで】


NFT発行・販売・転売マーケット「HEXA(ヘキサ)」は2022年1月23日に、HEXA LANDの住民票NFTである『HEXA LAND Residents NFT』を無償配布することを発表しました。LAND Residentsの第1回住民登録は、2022年1月24日23時59分までの期間限定となっています。

こちらから読む:ビットポイントに上場する”DEP”とは?「暗号資産」関連ニュース

「HEXA LAND Residents NFT」を全員に無償配布

NFT発行・販売・転売マーケット「HEXA(ヘキサ)」は2022年1月23日に、HEXA LANDの住民票NFTである『HEXA LAND Residents NFT』を無償配布することを発表しました。LAND Residentsの第1回住民登録は、2022年1月24日23時59分までの期間限定となっています。

HEXA(ヘキサ)は、誰でも簡単にツイート・イラスト・画像作品などのNFTを発行・販売することができるNFT発行・販売・転売マーケットであり、日本店での購入・入札にも対応、NFT購入者は名前とツイッターリンクを保有者欄に設定することができるため、NFT発行者に保有者として認知してもらえるだけでなく、ファンコミュニティの中でも自分が買ったことを証明することができるようになっています。

ヘキサは「HEXA LAND NFT」を通じたトークン経済圏『Hexanomics(ヘキサノミクス)』の実現に向けた取り組みを進めており、HEXA LAND NFTのファーストセールは前回開始わずか12分で先着分が全て完売、2022年1月31日までオークションが開催されている「Genesis Land」は現時点で20万円の値がつけられています。

「HEXA LAND」は全部で4,433個しか存在しないものの、HEXA LANDの住民票NFT「HEXA LAND Residents NFT」は登録を行なった方全員に無料で配布されることになっており、「HEXA LAND Residents NFT」はいつでもHEXA内で日本円で転売することもできるため、登録期間に間に合わなかった場合でも、Residents NFT保有者から購入することができると説明されています。

「HEXA LAND Residents NFT」は、第1回登録・第2回登録と定期的に発行される予定となっているものの、住民登録期間は短く設定されており、第1回登録期間は「日本時間2022年1月22日23時00分〜2022年1月24日23時59分まで」となっています(個人・法人の両方が登録可能)。

この登録期間中に以下の登録条件を満たした方は、全員がもれなく無償で「HEXA LAND Residents NFT」を受け取ることができるようになっていますが、登録申請順に「#1,2,3,4・・・」といった番号が振られる予定だと説明されています。HEXA LAND Residents NFT無償配布の登録条件は以下の通りです。

【無償配布の登録手順】

  • HEXAに登録(登録済みの方はOK)
  • 「HEXA LAND Residents」の登録ページから申請
  • Twitterで「@HEXANFT」をフォロー
  • 以下のキャンペーンツイートを「引用リツイート」


>>「HEXA」の公式サイトはこちら
>>「HEXA」の公式発表はこちら
>>「HEXA LAND Residents登録ページ」はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。