BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに


暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2022年1月11日に、アフリカサッカー連盟(CAF)とパートナーシップを結んでアフリカ最大のサッカー大会である「アフリカネイションズカップ(African Cup of Nations/AFCON)」の公式スポンサーになったことを発表しました。

こちらから読む:Binance US、メタバース上にオフィス開設「暗号資産」関連ニュース

アフリカ地域で暗号資産採用をさらに促進

BINANCE(バイナンス)は2022年1月11日に、アフリカサッカー連盟(CAF)とパートナーシップを結んでアフリカ最大のサッカー大会である「アフリカネイションズカップ(African Cup of Nations/AFCON)」の公式スポンサーになったことを発表しました。

今回のスポンサー契約によって、BINANCEはAFCON2021トーナメントの暗号資産・ブロックチェーン独占スポンサーになるとのことで、2022年1月9日〜2月6日までカメルーンで開催されるAFCONトーナメントの公式スポンサーとして、大規模なサッカーファンを有するアフリカでBINANCEの認知度を高めるための取り組みが行われると報告されています。

また、BINANCEは「Assist of the Day / Binance Assist of the Week / Binance Assist of the Tournament」の公式パートナーにもなるとのことで、「アフリカサッカー連盟のソーシャルメディア」や「カメルーンの5つの都市にある6つの会場全て」で宣伝が行われるとも報告されています。

アフリカサッカー連盟の事務局長であるVeronMosengo-Omba氏、BINANCEの共同創設者兼CMOであるYi He氏、BINANCEアフリカのディレクターであるEmmanuel Babalola氏は、今回のスポンサー契約について次のようにコメントしています。

【アフリカサッカー連盟:VeronMosengo-Omba氏】
今年のAFCONトーナメントの公式スポンサーとしてBINANCEを歓迎します。アフリカサッカー連盟とのパートナーシップを通じて、BINANCEはユーザーやアフリカのサッカーコミュニティとさらに繋がることになります。アフリカサッカー連盟はブロックチェーン基盤のテクノロジーをその技術がアフリカのサッカー業界に与える影響を受け入れる準備ができています。BINANCEと共に、アフリカのサッカーを新しいレベルへと引き上げることができると確信しています。

【BINANCE:Yi He氏】
12億人が住むアフリカでブロックチェーン技術が普及し、それらの技術が使用されるようになることによって、アフリカ大陸はブロックチェーン産業の未来をリードする可能性があると私たちは信じています。より多くの人々が暗号資産やBINANCEについて理解し、暗号資産の採用を推進していけるように引き続き努力して行きます。

【BINANCEアフリカ:Emmanuel Babalola氏】
サッカーはアフリカで最も人気のスポーツであり、大陸全体を1つにまとめるものとなっています。主要なブロックチェーンエコシステムとして、AFCONトーナメントの公式スポンサーになれたことを誇りに思っています。これは『アフリカ大陸全体で暗号資産を主流のものにする』という私たちの使命を裏付けるものです。

BINANCEは既に世界最大級の暗号資産取引所として広く知られていますが、AFCONはサッカーの人気が特に高いアフリカで最大のサッカー大会であるため、今回のスポンサー契約によってアフリカ地域でBINANCEの認知度がさらに高まり、利用者の増加にも繋がると期待されています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。