東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始


暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」は2022年1月5日に、貸暗号資産サービスの第一回目の貸出プランの申込受付を開始したことを発表しました。この貸出プランは年率6.5%で、2022年1月13日に申込受付が締切になると報告されています。

こちらから読む:カルダノ基盤のトークン、取引所に初上場「暗号資産」関連ニュース

「年率6.5%の第1回貸出プラン」申込受付開始

東京ハッシュ(Tokyo Hash)は2022年1月5日に、貸暗号資産サービスの第一回目の貸出プランの申込受付を開始したことを発表しました。

貸暗号資産サービスは、自分が保有している暗号資産を一定期間同社に貸し出すことによって、期間満了後に「貸し出した暗号資産と同量・同等の暗号資産」と「一定の料率で計算した貸借料」を受け取ることができる消費貸借取引サービスであり、東京ハッシュの貸暗号資産サービスは記事執筆時点で以下2種類の暗号資産に対応しています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)

東京ハッシュは昨年12月に「貸暗号資産サービス」のサービスを提供開始する予定であることを発表していましたが、今回の発表では貸暗号資産サービスの第一回目の貸出プラン(年率6.5%、2022年1月13日締切)の申込受付を開始したことが報告されています。

なお、貸暗号資産サービスの概要については以下のように説明されており、東京ハッシュの口座開設完了後にメニューの「貸暗号資産」から必要事項を入力して「申し込む」ボタンをクリックすることによって、貸出申込を行うことができると説明されています。

対象コイン BTC・ETH
貸出期間 最大100日
途中解約 無し
自動更新 無し
貸借料の支払い 暗号資産

>>「東京ハッシュ」の公式発表はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。