露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ


ロシア最大の商業銀行である「Sberbank(ロシア貯蓄銀行)」は2021年12月30日に、Sberbank傘下の資産管理会社「Sber Asset Management」がロシア初のブロックチェーン関連ETF(上場投資信託)となる『Sberbank Blockchain Economy ETF(SBBE)』をローンチしたことを発表しました。

こちらから読む:パナソニック子会社、メタバース事業に本格参入「暗号資産」関連ニュース

「Sberbank Blockchain Economy ETF」をローンチ

ロシア最大の商業銀行である「Sberbank(ロシア貯蓄銀行)」は2021年12月30日に、Sberbank傘下の資産管理会社「Sber Asset Management」がロシア初のブロックチェーン関連ETF(上場投資信託)となる『Sberbank Blockchain Economy ETF(SBBE)』をローンチしたことを発表しました。

Sberbank Blockchain Economy ETF(SBBE)は、以下のような暗号資産・ブロックチェーン関連企業の株式で運用されるETFとなっており、モスクワ証券取引所に「SBBE」というティッカーシンボルで上場したと報告されています。

  • Coinbase(暗号資産取引所)
  • Digindex(ブロックチェーンソフトウェア開発企業)
  • Galaxy Digital(暗号資産投資企業)
  • その他有名企業

Sberbankの公式発表によると、このETFは米ドル建てであるものの、投資家は「SberInvestorアプリ」や「その他のロシアのブローカー」を介してロシアの法定通貨ロシア・ルーブルで10ルーブル(約15円)から購入することができると説明されています。

Sber Asset Managementは「Sberbank Blockchain Economy ETF(SBBE)」がローンチされたことによって、投資家は暗号資産を直接購入・保管することなく、ブロックチェーン経済へのエクスポージャーを持つことができるようになると説明しています。

>>「Sberbank」の公式発表はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。