Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始


グローバルに仮想通貨取引サービスを展開している大手暗号資産取引所「Bybit(バイビット)」は2021年12月28日に、同社が提供している仮想通貨の現物取引サービスで「パレットトークン(Palette Token/PLT)」の取り扱いを開始したことを発表しました。

こちらから読む:BINANCE、2カ国でライセンス取得「暗号資産」関連ニュース

バイビット「PLTの現物取引サービス」提供開始

Bybit(バイビット)は2021年12月28日に、「パレットトークン(Palette Token/PLT))の現物取引サービス」を開始したことを発表しました。

新たに追加された取引ペアは「PLT/USDT」となっており、アプリとPC版の両方で取引することができると説明されています。

PLTの入金受付も上場と同時に開始されたとのことですが、『入金はイーサリアム上のPLT(ePLT)のみに対応していて、パレットチェーン上のPLT(pPLT)には対応していないため、十分に注意するように』と説明されています。

Bybitはここ最近で日本でも人気の仮想通貨のサポートを拡大しており、最近では「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JAMSY)」や「シンボル(Symbol/XYM)」なども上場しています。

今回の発表では『今ならテイカー手数料が最低の0.1%で売買することができる』とも説明されており、今後はPLTに関数キャンペーンなども企画しているとも報告されているため、今後の発表にも注目です。

>>「Bybitの公式サイト」はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。