北島康介がNFT購入、チーム名と自身氏名のENSドメインを

北島康介がイーサリアムネームサービスでENSドメインを購入

北島康介氏がイーサリアムネームサービスでENSドメインを購入したことが分かった。北島氏が自身のツイートで「NFT購入(祝)」と27日ツイートした。(括弧内は絵文字)。

今回北島氏が購入したENSドメインは、自身がGMを務めるインターナショナル・スイミング・リーグ(ISL/競泳の国際プロリーグ)の「Tokyo Frog Kings」のチーム名「tokyofrogkings.eth」と自身の名前(kosukekitajima.eth)の2つ。

イーサリアムネームサービス(Ethereum Name Service)とは、インターネットにおけるDNS(Domain Name Services)のような仕組みを、イーサリアムブロックチェーンで実現するサービス。

イーサリアムネームサービスを利用することで、イーサアドレスやコントラクトアドレスを「○○.eth」のように人が理解できる文字に置き換えることが可能で、その仕組みにはNFTが活用されている。またイーサリアムネームサービスはガバナンストークン「ENS」も今年11月に発行しており、コインベースやバイナンスなどの暗号資産取引所に上場している。

なお北島氏がGMを務める「Tokyo Frog Kings」は、今年7月にブロックチェーンやNFT関連事業を手掛けるFracton Ventures株式会社とParadeAll株式会社とのパートナーシップ契約の締結を発表していた。

北島康介氏とFracton Ventures、ParadeAllのメンバー(2021年7月)

その提携発表の際に北島氏らは「海外Web3.0プロジェクトとの協業」や「ファンがチームにより貢献できるNFTを活用した商品の共同企画」、「海外選手との資金のやり取りを行う際の暗号資産の活用可能性についての共同調査」を実施するとしていた。

今回の北島氏のENSドメインの取得は、それらの取り組みに繋がるアクションかもしれない。

関連記事

【独占取材】北島康介が目指すプロスポーツ業界の変革、「Web3.0」で新たなアスリートエコノミーを

北島康介、ブロックチェーン活用の競泳プロチーム運営に意欲。「Tokyo Frog Kings」がフラクトン、パレードオールと提携

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。