メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

「ゼペット」は現在2.5億人以上のユーザーを抱えるメタバースプラットフォームだ。そのZEPETO WORLDにおける桜のデジタルデータのNFT「ZEPETO WORLD 桜 1-12」が販売される予定だ。NFT化された公式マップ「Cherry Garden」の画像12種類が各100枚ずつ販売されるとのこと。そして今後は「LINE BITMAX Wallet NFTマーケットβ」での二次流通も可能になる予定とのこと。

なおこれまでの「LINE Blockchain」を活用したNFTの事例としては、香取慎吾氏のチャリティプロジェクトや、スクエニ「資産性ミリオンアーサー」、アサヒ飲料のNFTトレカ、ふるさと納税の「ふるさとチョイス」などがある。

参考:プレスリリース

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。