暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説


暗号資産(仮想通貨)「オーケービー(OKB)」に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:仮想通貨関連の記事を新着順で確認「暗号資産」関連ニュース

オーケービー(OKB)とは?

OKB-Logo

オーケービー(OKB)とは、グローバルにサービスを展開している大手暗号資産取引所「OKEx(オーケーイーエックス)」が発行している独自の仮想通貨です。

OKBはイーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術を用いて発行された「ERC-20」と呼ばれるトークン規格のユーティリティトークンとなっており、OKEx関連の様々なサービスでOKBが利用されています。

最も一般的な利用方法は「OKExでの取引手数料支払い手段」となっているため、OKBは”取引所トークン”とも言われていますが、OKBは取引所以外でも使用されており、一部のオンラインサービスなどでは”支払い手段”としてもOKBが採用されています。

また、OKBは日本居住者向けの暗号資産取引所である「OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)」でも2021年6月以降から取扱い開始予定であることが報告されています。

オーケービー(OKB)の特徴

Blockchain-Catch

オーケービー(OKB)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

取引手数料割引

オーケービー(OKB)を保有している方は、暗号資産取引所「OKEx」で取引を行う際に”OKB保有量の応じた取引手数料割引”を受けることができます。これによって、OKBはOKExを利用する世界中の投資家によって買い支えられています。

OKExで開催される「IEO」への参加

オーケービー(OKB)は、OKExで開催されるIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)「OKExジャンプスタート」に参加するためのトークンとしても使用されています。

OKBは「OKExジャンプスタート」で使用できる唯一のトークンであり、30日間の平均OKB保有量または1日の最小保有量に基づいて割り当て係数が付与される仕組みとなっているため、OKBの平均保有量が多いほどOKExジャンプスタートで購入できる割り当て量が大きくなるようになっています。

定期的に「バーン(焼却)」を実施

オーケービー(OKB)は定期的に「バーン(焼却)」されており、2021年6月時点では合計12回のバーンが実施されています。バーン(焼却)とは、取引所が市場に流通しているトークンを定期的に買い戻して循環供給量を減らすことによって、トークンの希少性を高めて通貨の価値安定を図る取り組みのことを指します。

決済手段としての利用

オーケービー(OKB)は決済手段としても利用されているため、暗号資産専用ショッピングサイト「cryptomall(クリプトモール)」や、ECサイト・ホテル予約・航空サービス・デジタルアート・DApps(分散型アプリケーション)などといった様々な場面で使用することができます。

オーケービー(OKB)の基本情報

トークン名称 オーケービー(OKB)
ティッカーシンボル OKB
発行開始日 2019年4月26日
トークン規格 ERC-20
最大供給量 300,000,000 OKB

オーケービー(OKB)の価格・チャート


オーケービー(OKB)を取扱う暗号資産取引所

オーケービー(OKB)を取り扱っている海外の暗号資産取引所としては以下のような取引所が挙げられます。
OKEx(オーケーイーエックス)
FTX(エフティーエックス)
・Gate.io(ゲート)
・CoinBene(コインベネ)

OKBは記事執筆時点で日本国内の暗号資産取引所には上場していないものの、暗号資産取引所「OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)」は2021年6月以降にOKBの取り扱いを開始する予定であることを発表しています。
>>「OKCoinJapan」の新規登録はこちら

オーケービー(OKB)対応のウォレット

オーケービー(OKB)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Bitpie
Blocto
BuyUCoin
Cobo
Coinomi
Cointopay

オーケービー(OKB)関連リンク

OKB公式サイト
OKEx公式Twitter
OKEx公式Facebook
OKEx公式Telegram
OKEx公式Medium
OKEx公式YouTube
エクスプローラー①(Etherscan)
エクスプローラー②(Ethplorer)
エクスプローラー③(Blockchair)

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。