NFTも収集できるEnjin基盤のFPSゲーム「Impulse」2021年夏公開へ:Ascendance Games


Ascendance Games(アセンダンス・ゲームズ)は2021年6月18日に、エンジン(Enjin/ENJ)のブロックチェーン技術を活用したFPSゲーム「Impulse(インパルス)」を2021年夏にリリースする予定であることを発表しました。Impulseはゲーム内で獲得したNFTで外見を変化させたり、それらのNFTを組み合わせたりすることができるように設計されています。

こちらから読む:コインベースなど3社、交換業者登録を完了「暗号資産」関連ニュース

NFT用いたFPSゲーム「Impulse(インパルス)」公開へ

Ascendance Games(アセンダンス・ゲームズ)は2021年6月18日に、エンジン(Enjin/ENJ)のブロックチェーン技術を活用したFPSゲーム「Impulse(インパルス)」を2021年夏にリリースする予定であることを発表しました。

Impulse(インパルス)は「Enjin」と「AWS」を基盤として開発された一人称視点のシューティングゲームであり、PCから無料でプレイできるだけでなく、ゲーム内でNon-Fungible Token(NFT)を獲得することもできるように設計されています。

6〜16人でシューティングバトル

ゲーム内容は6〜16人のプレイヤーで対戦する形式となっており、全プレイヤーが敵となる「フリー・フォー・オール」や、チームを組んで敵チームと戦う「チームプレイ」という2つのモードが提供される予定だと報告されています。

Impulseでは無料で遊ぶことができる「無料アリーナ」のモードが提供されますが、Ascendance Gamesは『eスポーツ業界を民主化すること』を目指しているため、世界中の人々が家から出ることなく試合を行えるようにするために「現金報酬付きの有料アリーナ」も提供すると説明されています。

NFT・DNAを用いた「外見の変異」も可能

プレイヤーは最初に「銀色の体を持つシンプルなヒューマノイド」としてゲームをプレイすることになりますが、その後はゲーム内でNFTを獲得することによって「狼男・サイボーグ・エイリアン」などといった様々な外見に変異することも可能です。

外見はゲーム内通貨である「DNA」を使用することによって変化できるようになっており「狼人間NFT」と「サイボーグNFT」を組み合わせることによって『サイボーグ狼人間』に変化することもできると説明されています。

過去〜未来に渡る様々なステージを用意

Impulseでは「中世・西部・現代・未来」などといった様々なステージが用意されているため、プレイヤーは様々な世界にタイムトラベルすることができるとも説明されています。またゲーム内では「衣服」や「武器スキン」などといったユニークなNFTを収集することも可能だとされています。

Impulseは2021年夏に「PC向けのバージョン」がリリースされる予定だと報告されていますが、現在は公式サイトでアーリーアクセス(早期アクセス)の受付けも開始されています。Impulseの詳細などは以下の公式サイトで確認することが可能です。

>>「Impulse」の公式サイトはこちら
>>「Ascendance Games」の公式Twitterはこちら

エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像


暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。