【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン


LINE(ライン)が提供している暗号資産取引サービス「BITMAX(ビットマックス)」は2021年1月24日に、同社が実施した『第2回目の推し暗号資産アンケート』に関する調査結果を明らかにしました。2020年6月に公開された第1回目のアンケートでは、ビットコイン(BTC)が1位となっていたものの、今回のアンケートではリップル(XRP)が1位を獲得しています。

こちらから読む:Kraken、14銘柄でGBP・AUD取引ペア追加「暗号資産」関連ニュース

ビットコインを抜き「XRP」が1位獲得

BITMAX(ビットマックス)は2021年1月24日に、同社が実施した『第2回目の推し暗号資産アンケート』に関する調査結果を明らかにしました。このアンケートは「2020年12月19日〜2020年12月22日」までの期間にかけて実施されており、投票総数は1,258件に達したと報告されています。

2020年6月に公開された『第1回推し暗号資産アンケート』の結果では「ビットコインが1位、リップルが2位、イーサリアムが3位」という結果となっていたものの、今回のアンケートでは「リップルが1位、ビットコインが2位、イーサリアムが3位」という結果になったと報告されています。


XRP(エックスアールピー)の価格は米国証券取引委員会(SEC)Ripple社に対する訴訟を起こしたことを受けて20円以下にまで急落し、現在も20円〜30円での推移を続けていますが、今回の調査では多くの投資家がXRPを支持していることが示されています。

ただし、米国証券取引委員会がRipple社を提訴したのはアンケート最終日となる”2020年12月22日”であるため、今回のアンケートに参加した投資家の多くは「Ripple社に対する訴訟問題」を考慮していないと考えられます。

『第2回 推し暗号資産アンケート』結果

BITMAXが実施した『第2回 推し暗号資産アンケート』の結果は以下のようになっています。

【1位〜10位の暗号資産】
1位:エックスアールピー(XRP/XRP)
2位:ビットコイン(Bitcoin/BTC)
3位:イーサリアム(Ethereum/ETH)
4位:チェーンリンク(Chainlink/LINK)
5位:502 Bad Gateway Token(Z502)
6位:ネム(NEM/XEM)
7位:モナコイン(Monacoin/MONA)
8位:チリーズ(Chiliz/CHZ)
9位:バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)
10位:ビットゼニー(Bitzeny/ZNY)
10位:コト(Koto/KOTO)

【12位以下の暗号資産】
・ウィングファイナンス(Wing Finance/WING)
プンディエックス(Pundi X/NPXS)
コスモス(Cosmos/ATOM)
・バッカス(Avacus/VACUS)
アイオーエスティー(IOST/IOST)
セントラリティ(Centrality/CENNZ)
・ザイフトークン(Zaif Token/ZAIF)

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。