イーサリアム2.0「正式リリース」ビーコンチェーンがついに稼働


イーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレード「イーサリアム2.0」における最初のステップとなる「Beacon Chain(ビーコンチェーン)」が、日本時間2020年12月1日21時00分に正式に公開されました。

こちらから読む:BITPoint、BTCがもらえるキャンペーン開催「暗号資産」関連ニュース

イーサリアム2.0「Beacon Chain」起動

イーサリアム(Ethereum/ETH)は以前から様々な新機能を搭載した「イーサリアム2.0」に向けた準備を進めており、先月24日にはイーサリアム2.0で新たに採用されるブロックチェーン「Beacon Chain(ビーコンチェーン)」の安定稼働に必要なステーキングのデポジット数が達成されたことが報告されていましたが、日本時間2020年12月1日21時00分には正式にビーコンチェーンがローンチされました。

ビーコンチェーンのデータを配信している「beaconcha.in」のデータによると、ビーコンチェーン起動後も順調にネットワークが運営されていることが報告されています。

(画像:beaconcha.in)(画像:beaconcha.in

イーサリアム2.0の開発は段階的に実施されることになっているため、今回のビーコンチェーンローンチによって全てが完了するわけではなく、最初は従来のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)と新しいプルーフ・オブ・ステーク(PoS)が並行する形で稼働することになっていますが、最終的にはPoSへと完全移行することになっています。

ユーザーが利用する「シャードチェーン」の実装は、2021年のフェーズ1で行われる予定となっており、シャードチェーンの完全実装までには約2年ほどの期間がかかる予定となっていますが、イーサリアム2.0の本稼働によってステーキング報酬を獲得することができるようになる他、ネットワークの処理速度も大幅に改善すると期待されているため、今後はイーサリアム関連のサービスがより活発化していく可能性があると期待されます。

2020年12月1日|イーサリアム(ETH)の価格

イーサリアム(ETH)の価格は本日1日の20時時点で66,000円付近まで回復していたものの、その後は急落しており、記事執筆時点では「1ETH=60,900円」で取引されています。

2020年11月30日〜2020年12月1日 ETHの価格推移(画像:CoinCgecko)2020年11月30日〜2020年12月1日 ETHの価格推移(画像:CoinCgecko)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像


暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。