金融庁:無登録の暗号資産交換業者リストに「Bitforex・AMANPURI」を追加


金融庁は2020年6月26日に『日本人を相手方として無登録で暗号資産交換業を行っていた』として、海外を拠点に暗号資産取引所サービスなどを展開している「Bitforex Limited(ビットフォレックス)」と「AMANPURI Co.,Ltd(アマンプリ)」に対して警告を行なったことを発表しました。

こちらから読む:国内初、”SBI暗号資産ファンド”設立へ「暗号資産」関連ニュース

暗号資産関連企業「Bitforex・AMANPURI」に警告

金融庁は2020年6月26日に、セーシェル共和国を所在地とする「Bitforex Limited(ビットフォレックス)」と、米国を所在地とする「AMANPURI Co.,Ltd(アマンプリ)」に対して『インターネットを通じて、日本居住者を相手方として、暗号資産交換業を行っていた』として警告を行なったことを発表しました。

この2社は暗号資産取引所である「Bitforex(ビットフォレックス)」と「AMANPURI(アマンプリ)」を運営しており、日本語にも対応する形で暗号資産のレバレッジ取引サービスなどを提供していました。

金融庁はこれまでにも複数の暗号資産関連企業に対して警告を行なっており、2020年6月28日時点では以下の8社に対して警告書が発出されています。

  • Blockchain Laboratory Limited
  • Binance
  • SB101
  • Cielo EX Limited
  • BtcNext Company Limited
  • CBASE FINTECH LAB LLC(CROSS exchange運営)
  • AMANPURICo.,Ltd(AMANPURI運営)
  • Bitforex Limited(Bitforex運営)

金融庁が公開している「無登録で暗号資産交換業を行う者の名称等について」のリストは以下のページで確認することができます。
>>「金融庁が警告を発している暗号資産関連企業のリスト」はこちら
>>「暗号資産交換業者登録一覧」はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

1件のコメント

  • アバター

    実際のサーバーの場所は日本ではないので、警告するところまでと言われています。
    これ以上、なにか大きなことが起これば動くこともあるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。