ビットポイント、19年4~12月期は6.3億円の営業赤字 仮想通貨流出事件が響く【ニュース】

仮想通貨交換業者ビットポイントジャパンの親会社リミックスポイントは14日、2019年4~12月期の決算を発表した。ビットポイントで構成する「金融関連事業」は、売上高が前年同期比62.9%減の7億4300万円、営業損益は6億3200万円の赤字(前年同期は5900万円の黒字)となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。