今後のブロックチェーンのユースケースは「ペイメント」や「資産のトークン化」=デジタルカレンシーグループ調査

デジタル・カレンシー・グループ(DCG)が投資している企業らは、今後のブロックチェーン技術の代表的な使用事例は、ペイメントや資産のトークン化だと考えていることがわかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。