人民元ショックの対抗策で浜田節が炸裂!? 日本株高でドル/円は128円へ上昇濃厚!

■突如、中国人民銀行が中国人民元を切り下げ みなさん、こんにちは。
 今週(8月10日~)のサプライズは中国人民銀行[中国の中央銀行]が、8月11日、12日と2日連続で、合計で3.5%もの実質的な中国人民元の切り下げを行ったこと。
 本日(8月13日)も1.1%の人民元安を容認。結果、わずか3日間で中国人民元は4.6%の切り下げ。
米ドル/中国人民元(USD/CNH) 日足(出所:CQG)
 市場では、10%の人民元安容認とのウワサも出始め、世界的に株価は下落。
 8月12日(水)の日経平均先物は2万円近くまで急落。呼応して、米ドル/円は、一時、123.79円まで下落しました。
米ドル/円 4時間足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足)
 ただ、NDF(※)市場では、すでに8%近い人民元安進行を織り込みつつあります。
(※編集部注:「NDF」はノン・デリバラブル・フォワードの略。ざっくり言うと、特殊な先物取引のようなもの)
米ドル/中国人民元(USD/CNH) 日足(出所:CQG)
 前述のように、中国当局が約10%の人民元安を容認するとの観測もありますが、すでに、さらなる人民元安もマーケットはかなり織り込んだと言えます。
■日銀の追加緩和で人民元切り下げを相殺? 今回の中国人民元ショックに対し、浜田宏一・内閣官房参与がすかさずコメント。
日本は金融緩和で人民元切り下げの相殺可能
内閣官房参与の浜田宏一・米エール大名誉教授は、中国の人民元切り下げについて、日本は金融緩和で相殺することができるため、懸念する必要はないとの見方を示した。
浜田氏は13日、ブルームバーグの問い合わせに対し英文電子メールで回答し、日本の外需に過大な影響が出るようならば、日本銀行が追加緩和する可能性もあると述べた。
出所:Bloomberg
 中国人民元切り下げがマーケットに与えたショックを和らげるためのコメントですが、逆にマーケットに負荷がかかれば、日銀の追加緩和の可能性があることを示唆しています。
内閣官房参与の浜田宏一氏は、中国人民元ショックは日銀の追加緩和で相殺できるので、懸念する必要はないとの見方を示している。
写真:ロイター/アフロ
 直近、原油がじわじわ下落しており、日本とユーロ圏にデフレ圧力がかかっている状況。
【参考記事】
●米国株は不調でも日本株はなぜ強いのか? 原油安が日銀やECBの追加緩和圧力に(8月11日、西原宏一&松崎美子)
NY原油先物 日足(出所:米国FXCM)
 この浜田内閣参与のコメントは、可能性が低いといえども、仮にマーケットに強い負荷がかかれば、日本銀行が追加緩和に出る可能性があることを想起させるコメントです。
 今回の中国人民元ショックで、日経平均は…

参照元:ザイFX! 西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。