ドル/円が一時125円台へ上昇した理由は? 利上げを見据えて、米雇用統計が超重要!

■利上げムード高まり、米ドル/円は一時、125円台へ! 8月5日(水)のニューヨーク市場で、久しぶりに米ドル/円が125円台にまで米ドル高・円安になる局面がありました。
米ドル/円 30分足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 30分足)
 黒田ラインと呼ばれる124.63円近辺をしっかり抜けて、上昇する展開となりました。
 日本の機関投資家が下がったら買うという下支えをしている中で、経済指標などにより、米国の利上げムードが高まったことが原因でしたが、これについて、もう少し詳しく解説したいと思います。
■米9月利上げに賛成? 中立? 反対? まず、8月4日(火)に新聞記事の中で、アトランタ連銀のロックハート総裁が、FOMC(米連邦公開市場委員会)は、利上げの用意が整う位置に「接近しつつある」と述べています。
 さらに、彼は利上げを9月から後へ先延ばしすることについて、「自身が納得するには、経済データが顕著に悪化する必要がある」とも述べています。
 彼は、今の状態では、9月の利上げには賛成するということです。
 さらに翌8月5日(水)のテレビインタビューで、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)理事は、利上げに関して、「時は近づいている」と認めたうえで、9月のFOMCで利上げを支持するかどうかを決める前に、「それまでに発表されるデータを見極めたい」との考えを示しています。
 こちらはまだ、中立というところでしょうか。
■最近発表された米経済指標の結果を振り返る 経済指標が重要ということなので、直近、発表された米国の経済指標の結果を少し見ておきます。
 まず、8月3日(月)に発表されたISM製造業景況指数7月分ですが、予想53.5に対して52.7と若干弱い結果になっています。
(詳しくはこちら → 経済指標/金利:米国主要経済指標の推移)
 一方、8月5日(水)に発表されたISM非製造業景況指数7月分は、予想56.2に対して60.3という驚異的な結果となりました。
 5日(水)のニューヨーク市場で米長期金利が上昇し、米ドル高になったのは、この結果に反応したということです。
米国長期金利(出所:CQG)
 そういう意味においては…

参照元:ザイFX! 今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。