郵政グループ3社上場成功で日本株活況! 12月米利上げに向けてドル高トレンド不変

■日銀は追加緩和に動かず…。郵政3社上場は活況! みなさん、こんにちは。
 多くのマーケット参加者が予想していたとおり、10月30日(金)の金融政策決定会合で日銀は動かず…。
【参考記事】
●黒田バズーカ3はまだ出ず。日銀追加緩和見送りで米ドル/円急落も短時間で反発!
 ただ、日銀のこうした動きにもかかわらず、郵政グループ3社上場に向け、クジラと想定される公的年金の買いが日本株、米ドル/円を下支えるのではないかというのがマーケットのコンセンサスでした。
 その思惑どおり、日本株、米ドル/円ともに底堅く推移。
 そして、11月4日(水)に郵政グループ3社の上場を迎えましたが、結果は活況。
11月4日(水)郵政グループ3社が上場。3社ともに初値が公開価格を大きく上回る活況だった。
(C)The Asahi Shimbun
 以下は、郵政グループ3社の公開価格と、上場初日、11月4日(水)の初値、終値をまとめたものです。
 SBI証券やカブドットコム証券によれば、今回、初めて株を買ったという参加者が40%程度になったとのことで、個人投資家からの新規マネーが株式市場に流れ込んだことになります。
 郵政グループ3社上場は成功裏に終わり、日経平均も活況。11月4日(水)の売買代金は3兆3000億円と膨らみました。
 結果、日経平均は1万9000円台、米ドル/円は121円台を回復。
日経平均 日足(出所:株マップ.com)
米ドル/円 2時間足(出所:ヒロセ通商)
  ここで、前回のコラムで紹介したチャートポイントを…

参照元:ザイFX! 西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。