西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

中国株の下落が米国株の下落を誘引するか。 マーケットの懸念が拡大する中国リスクに ジョージ・ソロスも警告 ブログ

中国株の下落が米国株の下落を誘引するか。 マーケットの懸念が拡大する中国リスクに ジョージ・ソロスも警告

菅首相の突然の退陣表明後から、日経平均は約3500円の急騰 みなさん、こんにちは。
 菅首相が、今月(9月)3日(金)に突然の退陣を表明したことにより、反発を開始した日経平均ですが、あっという間に約3500円急騰しました。
日経平均 日足(出所:TradingView)
 9月14日(火)の東京株式市場では、新政権への期待感に加え、新型コロナウイルスワクチンの2回目接種が進んでいることなどを受け、幅広い銘柄に買い注文が集まりました。日経平均は一時、3万795円という高値...
菅首相退任報道が、日経平均上昇を後押し。 3万円の大台回復!米長期金利上昇なら、 米ドル/円は、115円を目指す動きとなるか ブログ

菅首相退任報道が、日経平均上昇を後押し。 3万円の大台回復!米長期金利上昇なら、 米ドル/円は、115円を目指す動きとなるか

豪ドル/円を筆頭としたリスクアセットは、セリングクライマックスを迎えた みなさん、こんにちは。
 8月23日(月)の「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」でご紹介させていただいたように、アフガニスタンのカブール陥落があった8月15日(日)の週で、豪ドルを筆頭としたリスクアセットはセリングクライマックスを迎えました。
【参考記事】
●豪ドルは、先週がセリングクライマックスか。ジャクソンホール会議のパウエル講演を控え、ドルストレート回避なら、豪ドル/円の買いで(8月23日、西...
ニクソンショックから50年後に起こった カブール陥落。米軍のアフガニスタン撤退 完了はゲームチェンジとなるのか ブログ

ニクソンショックから50年後に起こった カブール陥落。米軍のアフガニスタン撤退 完了はゲームチェンジとなるのか

米軍のアフガニスタン撤退が完了。日本政府の巨額援助も水の泡に…… みなさん、こんにちは。

 新型コロナウイルスに振り回されているうちに、早いもので今年(2021年)も、もう9月。残りの4カ月、一緒にFXトレードを楽しみましょう!

 マーケットの注目を一身に集めた、アフガニスタンからの米軍撤退ですが、批判されながらも8月末で完了。

米軍のアフガン撤収完了、20年の軍事的関与に幕-中央軍が発表

出所:Bloomberg

 米軍がアフガニスタンから撤退することに反論する人は少数ですが、今回かなりの批判を集めたのが、その撤退の仕方でした。

 米国は「We must leave No One Behind(誰一人として残さない)」という方針を、長年にわたって貫いてきたことでよく知られていますが、今回の撤退においては、(一部の報道によれば)150人ほどの米国人と、数千人という親米のアフガニスタン人が、まだアフガニスタンに残っているといわれています。

 本日(9月2日)のFox Newsも、この点を厳しく批判しています。

White House official 'appalled and literally horrified' that Biden stranded Americans in Afghanistan:

(ホワイトハウス関係者、バイデンがアメリカ人をアフガニスタンに置き去りにしたことに「愕然とし、文字通りぞっとした)

出所:Fox News

 米軍の撤退の方法が批判されているのは、他の主要国が米国とは違った撤退の方法をしたこともあります。

 例えば、フランス。

 フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じたところによれば、フランスはカブールがタリバンに占領される3カ月前の5月、フランス大使館やフランスの組織で働くアフガニスタン人とその家族を避難させ始めたとの事。

公式発表によると、アフガニスタン軍が崩壊し、イスラム過激派グループが権力を握る前の数週間に、623人がフランスに空輸されたという。

2014年にアフガニスタンでの軍事作戦を終了した後、フランス軍で働いていた800人のアフガニスタン人や親族は、パリへ移動していた。また、フランスは自国民にも繰り返し退避を呼びかけた。

出所:フィナンシャル・タイムズ(FT)

(※編集部注:在日フランス大使館によると、上記記事の623人は現地採用職員とその家族152世帯になるという)

 米国とフランスは同じ情報を共有していましたが、米国と比べてフランスはしっかり先を見通していたと、米国の楽観的だった見方を痛烈に批判しています。

 アフガニスタンには、日本政府も総額7000億円もの援助をしていた模様。

莫大な援助が水の泡、アフガニスタン崩壊が日本に与えた衝撃

出所:JBpress

 今回のアフガニスタン撤退の報道を見るにつけ、米国のイニシアティブはかなり後退したと思わざるをえません。

 このバイデン政権の失策が、米ドルの価値を下げるとまでは思いませんが、カブール陥落は、1975年のベトナム戦争でのサイゴン陥落に次いで重要な出来事であるため、金融関係者にとっても、カブール陥落からのバイデン政権の政策判断の行方に注目が集まっています。

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! 10日間の無料体験期間もあります! 詳しくは、以下のバナーをクリック!

カブールが陥落した8月15日は、偶然にも50年前にニクソンショックが起こった日 今回のカブール陥落が金融関係者の注目を集めている理由に、「ニクソンショック(※)」があげられます。

(※編集部注:「ニクソンショック」とは、ニクソン米大統領が1971年8月15日に発表した金と米ドルの兌換(だかん)停止宣言のこと)

 日本の終戦記念日に合わせたというウワサもある二クソンショックが起こったのが、1971年8月15日。

 ニクソンショックは、ベトナム戦争による軍事費拡大などが原因で財政が悪化したことで、金が国外へ流出し交換できなくなったことが要因といわれています。

 ニクソンショックにより、1ドル=360円という固定相場制は終了し、米ドルは劇的に劣化していきます。

 今回も、米国がアフガニスタンから撤退した(カブール陥落)のが、8月15日。

 暑い夏になると、大きな事件が起こりがちですが、筆者は、映画プレデターのアンナが「悪魔は暑い時にしか出てこないの?」というセリフを思い出します。どうでもいいことですが…。

 それはさておき、8月15日という偶然が重なったこと、そして前述の米国のイニシアティブが下がったことが、カブール陥落が今後の金融市場に大きな影響を与えるのではないかと注目されています。

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! 10日間の無料体験期間もあります! 詳しくは、以下のバナーをクリック!

カブール陥落によるリスクオフは続かない。懸念材料が減ったことで、豪ドル/円は中期での上昇トレンドに回帰 ここで、視点を直近のマーケットに戻し、カブール陥落からの動きを見直してみましょう。

 カブール陥落は8月15日でしたので、8月16日からのマーケットの動きのチェックしてみましょう。

 カブール陥落は、旧来の教科書によれば、リスクオフ(=株安・リスクアセット通貨(豪ドル)売り・円とスイスフランの買い)となります。

 この文脈からすれば、「カブール陥落=豪ドル/円の売り」になるわけです。

 カブール陥落前、8月13日の豪ドル/円は80.80円で引けています。

 カブール陥落を受けて、その週は一時77.90円まで下落し、78.37円で引けています。ただその後は、一方的に値を戻していて、本稿執筆時点では81.00円で推移。

 つまり、リスクオフの動きは一時的であり、結局、全戻しの展開になっています。

豪ドル/円 日足(出所:TradingView)

 個人的には、リスクオフの豪ドル/円の売りというのは、旧来の教科書での話であり、そうした動きは続かないと考えています。

 そのため、8月20日に配信したメルマガ「トレード戦略指令!」では、豪ドル/米ドルの買いを配信。

 8月23日に公開した「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」 では、豪ドルはセリングクライマックスというコメントをしています。

【参考記事】

●豪ドルは、先週がセリングクライマックスか。ジャクソンホール会議のパウエル講演を控え、ドルストレート回避なら、豪ドル/円の買いで(8月23日、西原宏一×大橋ひろこ)

 今のところは、そうした動きとなっており、豪ドル/円は81円台まで反発しています。

 カブール陥落という懸念材料がひとつ減ったことにより、豪ドル/円は中期での上昇トレンドに戻ったといえます。

豪ドル/円 週足(出所:TradingView)

 ベトナム戦争でサイゴンが陥落してから45年。ニクソンショックからちょうど50年後の8月15日に起こったカブール陥落が、金融市場に及ぼす大きなゲームチェンジ(※)の可能性を意識しつつ、直近では、過去2週間のコラム同様、上昇トレンドに戻った豪ドル/円に注目です。

(※編集部注:「ゲームチェンジ」とは、従来の枠組みやルールが崩壊し、新たなものに切り替わること)

【参考記事】

●モリソン豪首相の「感染ゼロ戦略」転換発表で、豪ドルはボトムアウト。豪ドル/米ドル、豪ドル/円は押し目買い戦略継続で(8月26日、西原宏一)

●デルタ株感染で、ニュージーランド全土がロックダウン! NZ中銀の声明は依然タカ派も、ニュージーランドドルは下値余地拡大(8月19日、西原宏一)
モリソン豪首相の「感染ゼロ戦略」転換発表で、 豪ドルはボトムアウト。豪ドル/米ドル、 豪ドル/円は押し目買い戦略継続で ブログ

モリソン豪首相の「感染ゼロ戦略」転換発表で、 豪ドルはボトムアウト。豪ドル/米ドル、 豪ドル/円は押し目買い戦略継続で

1975年のサイゴン陥落を想起させるカブール陥落!バイデン政権の失策に批判集中 みなさん、こんにちは。
 日本でも大きく報道されているアフガニスタン情勢ですが、バイデン米大統領による米軍撤退作戦に批判が集まっています。
アフガニスタン情勢が話題になっているが、バイデン米大統領による米軍撤退作戦に批判が集まっている (C)Scott Olson/Getty Images News
 まず、ジョンソン英首相からの電話を36時間も放置していたことが話題に。
バイデン氏、ボリス...
デルタ株感染で、ニュージーランド全土が ロックダウン! NZ中銀の声明は依然タカ派も、 ニュージーランドドルは下値余地拡大 ブログ

デルタ株感染で、ニュージーランド全土が ロックダウン! NZ中銀の声明は依然タカ派も、 ニュージーランドドルは下値余地拡大

デルタ株の新規感染者発生で、ニュージーランドは全土でロックダウン みなさん、こんにちは。
 先週(8月9日~)までは、8月18日(水)のRBNZ(ニュージーランド準備銀行[ニュージーランドの中央銀行])の金融政策決定会合では、0.25%の利上げが100%織り込まれていました。さらに、0.5%の利上げを主張する金融機関もあって、マーケットでは注目が集まっていました。
 しかしそれをひっくり返したのが、新型コロナウイルスの感染者1人の確認(※)で、ニュージーランド全土がロッ...
米10年債利回りはダブルボトム形成し反発。 1.43%突破し急騰すれば、米ドル/円の上値 余地は112円よりさらに拡大へ ブログ

米10年債利回りはダブルボトム形成し反発。 1.43%突破し急騰すれば、米ドル/円の上値 余地は112円よりさらに拡大へ

米長期金利はダブルボトム形成後、急反発。米ドル/円も上昇 みなさん、こんにちは。
 前回のコラムでご紹介させていただいたとおり、米10年債利回りは、ダブルボトムを形成し反発。
【参考記事】
●米長期金利がダブルボトムを形成し反発すれば、米ドル/円は112円へ向けて再び上昇する可能性濃厚!(8月5日、西原宏一)
 米10年債利回りの上昇に呼応して、米ドル/円も一時110.80円まで上昇しました。
米ドル/円 日足(出所:TradingView)
 米ドル/円の行...
米長期金利がダブルボトムを形成し 反発すれば、米ドル/円は112円へ向けて 再び上昇する可能性濃厚! ブログ

米長期金利がダブルボトムを形成し 反発すれば、米ドル/円は112円へ向けて 再び上昇する可能性濃厚!

デルタ株懸念で米長期金利は下落も、米経済指標の好結果などを受けて急反発 みなさん、こんにちは。
 先週(7月26日~)、FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長が「米国経済はテーパリングへと進展したがその時期はまだ先 」とコメントしたこと、そして、世界的に新型コロナウイルスのデルタ株の影響が拡大したことで、今週(8月2日~)の米10年債利回りは続落。
 そして、8月4日(水)のNY市場では、7月のADP全米雇用報告が33.0万人増と、コンセンサスを大きく下回ったこと...
為替は、トレードが難しい局面。 中国株急落でも、米国株の底堅い展開が 続くか見極めへ ブログ

為替は、トレードが難しい局面。 中国株急落でも、米国株の底堅い展開が 続くか見極めへ

注目のFOMCは、大方の予想どおりの内容で無風 みなさん、こんにちは。
 まず、今週(7月26日~)最大の注目イベントだったFOMC(米連邦公開市場委員会)は無風。
 FOMCは、7月27日、28日両日に開催した定例会合で、FF金利(※)の誘導目標レンジを0.00-0.25%で据え置きました。
(※編集部注:「FF金利」とは、フェデラルファンド金利のことで、FFレートとも呼ばれる。米国の政策金利)
 そして、新型コロナウイルスの変異株(デルタ株)が成長を脅かす...
NZ中銀の8月利上げの可能性高まる。 ニュージーランドドル/米ドルは0.7500ドルに 向けて上値余地拡大へ ブログ

NZ中銀の8月利上げの可能性高まる。 ニュージーランドドル/米ドルは0.7500ドルに 向けて上値余地拡大へ

米6月CPIは、2008年8月以来の高い伸びに みなさん、こんにちは。
 今週(7月12日~)の米ドル/円は、米金利の乱高下の影響で方向性なく神経質に推移。
 まず、7月13日(火)の米国市場では、米6月CPI(消費者物価指数)が前月比で0.9%急上昇し、2008年8月以来の高い伸びに。
 この伸び率は、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想のすべてを上回っています。コアCPIも前月比で0.9%上昇しました。
 CPIの伸びの3割余りを中古車が占め...
なぜ、米10年債利回りは上昇しないのか? 米金利低下時の、米ドル/円上昇は難しい ブログ

なぜ、米10年債利回りは上昇しないのか? 米金利低下時の、米ドル/円上昇は難しい

■米10年債利回りは、節目の1.3000%を割り込む みなさん、こんにちは。
 7月に入り、早いもので今年も後半戦に入ります。
 月が変わると相場が大きく変わることも珍しくないため、今週(7月5日~)の為替相場の動向は重要だと思っています。
 そして、今週(7月5日~)のマーケットの注目は、米10年債利回りの急低下。
 先月(6月)のFOMC(米連邦公開市場委員会)でも、パウエル議長が「物価上昇、予想より大きく」とコメント。
 6月の米雇用...