視点:内部留保活用と抑止力強化=ケビン・メア氏

[東京 25日] - 今の日本に必要なことは、経済再生に向けては産業界が内部留保の有効活用によってリーダーシップを示すことであり、安保においては日米の防衛力統合などにより抑止力の強化に努めることだと、元米国務省日本部長のケビン・メア氏(NMVコンサルティング上級顧問)は指摘する。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。